【オカリナエピソード】山とオカリナ

森の中

山とオカリナはとても相性が良いです。
山頂や森の中でオカリナを吹くと、音色がこだまして響き渡り、とても心地よいです。

昔、音は木霊(こだま)、木の精霊が運ぶとされていました。
山の中でも木霊がいるところ、いないところがあります。

木霊がたくさん居るとオカリナの音色が響き渡り、とても幻想的です。
嬉しくなって、いつまでもオカリナを吹いていたい、そうなります。
オカリナを吹き始めたときは木霊が居たのに、吹いている間にいなくなってしまう。
そんなときもあります。

山の中

良い演奏ができたときには、木々が風に揺れて拍手してくれるときもあります。

歌を歌いながら歩いたり、鼻歌を歌ったり。
いいメロディが浮かんだら立ち止まって、オカリナを吹いてみたり。
そうして曲が出来たりもします。

オカリナと山はとても相性が良いです。

関連記事

  1. yamatutuji

    日和田山ハイキング

  2. ドリカフェ

    【オカリナエピソード】オープンマイク・Dream’…

  3. 沢

    【山のエピソード】沢登り

  4. 日向山ハイキング

  5. 楽譜

    【オカリナエピソード】作曲

  6. オカリナを吹く

    【沢登り】葛葉川本谷

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。