【オカリナエピソード】オカリナとの出会い

槍ヶ岳登頂

オカリナとの出会いは2006年の春のことでした。

社会人山岳会に入会して一年目。
残雪期、北アルプス・槍ヶ岳に登頂した後、テントの中でのことでした。

槍ヶ岳登頂

山の先輩:「土方くん、来週のキャンプイベントでなにか余興をやってくれないか?」
土方:「なにも芸がないんです・・・。」
山の先輩:「それだったら、オカリナを貸してあげるよ。」
土方:「わかりました。やってみます!」

そうして、キャンプイベント当日がやってきました。

楽器を演奏するのは小中学校の授業でリコーダーを吹いて以来です。
楽譜はよくわかりませんし、指の押さえ方もよくわかりません。
それでも、どうにかこうにか吹き通しました。

結果は・・・拍手喝采、大成功でした。
「何の曲だかさっぱりわからなかったけど、とにかくよかったよ!」
それが、私とオカリナとの出会いでした。

関連記事

  1. ボッカ訓練

    【山のエピソード】重い荷物を担いで

  2. 堀山の家

    【オカリナエピソード】天国へ贈るオカリナの調べ

  3. 光が丘公園

    【オカリナエピソード】森の外へ・光が丘公園にて

  4. 橋の下で

    【オカリナエピソード】橋の下で

  5. 森の中

    【オカリナエピソード】山とオカリナ

  6. 一ノ倉・衝立岩中央稜

    【山のエピソード】生と死の狭間で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。