【山のエピソード】沢登り

沢

こんにちは!
山のオカリナ吹き、土方 善文(ヒジカタ ヨシフミ)です。

今回は「沢登り」と呼ばれる登山スタイルをご紹介したいと思います。

沢登りでは、渓流の中にドボンと入ってジャブジャブと突き進み、滝が出てきたら滝も登ってしまいます。
そのようにして山頂を目指す登山スタイル、それが沢登りです。

沢

私も、過去、多くの沢を登ってきました。
川のせせらぎ、滝の音を聴きながら、マイナスイオンいっぱいの中を登って行きます。
大自然を全身で感じながら、それらの音に心が癒されます。

沢登り

滝を登るとなれば、ワクワクして心が躍ります。

滝登り

泊りがけの沢登りでは、宿泊地で枯れ枝を集めて焚き火をします。
焚き火を眺めながら、山仲間と酒を酌み交わし語り合います。

南ア・野呂川 小仙丈沢遡行~大仙丈沢下降 007

そして、宴もたけなわになれば、オカリナ演奏を始めます。
他に誰もいない静かな夜の谷間にオカリナの音色が響き渡ります。
そうして、夜は更けていき、それぞれ眠りに着きます。

大自然と一体となって山を楽しむことができるアドベンチャーワールド、それが沢登りです。
癒しの沢、泳ぐ沢、命がけの沢、いろんな沢がありました。
そして、いつもオカリナと共に歩んできました。

山オカリナ

今後、沢登りを通して体験した様々なエピソードをお伝えできたらと思います。

関連記事

  1. 南ア・甲斐駒ケ岳~鋸岳縦走 038

    【山のエピソード】南アルプスにて

  2. 槍ヶ岳登頂

    【オカリナエピソード】オカリナとの出会い

  3. オカリナ演奏

    【丹沢】塔ノ岳

  4. オカリナを吹く

    【沢登り】葛葉川本谷

  5. ヌク沢・左俣

    【山のエピソード】幻の滝を登る

  6. shidakura2

    【沢登り】奥多摩・シダクラ沢

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。