【山のエピソード】南アルプスにて

南ア・甲斐駒ケ岳~鋸岳縦走 038

山仲間3人で夏に南アルプス・甲斐駒ヶ岳〜鋸岳を縦走したときのこと。
甲斐駒ヶ岳に登頂し、鋸岳の方へと歩いていきます。
しばらくして、その日の宿泊地に到着。
テントを張って、荷物を置いて、水を汲みにいきます。

南ア・甲斐駒ケ岳~鋸岳縦走 020

水場はテント場から少し下った沢でした。
水はとても冷たく美味しいものでした。
まさに南アルプス天然水です。

テント場に戻って、南側を眺めると、甲斐駒ヶ岳から連なる雄大な山々が広がっています。
僕は譜面台を立てて、オカリナを吹き始めました。
まだこの頃は楽譜を見ないと演奏できなかったのです。

南ア・甲斐駒ケ岳~鋸岳縦走 038

オカリナの澄んだ音色が山々にこだましてゆきます。
さわやかな風が吹いて、疲れた心と身体が癒されていくようでした。
晴れ渡っていた空も、しだいに陽が傾いて、山々が夕焼けに染まっていきます。
大自然に響き渡るオカリナの音色を楽しむ。これってすごく贅沢なことなのかもしれません。

オカリナの音色は、音というよりも、何かに語りかけられているかのようです。
何を言っているのかわからないのだけれども、とてつもなく優しい声で語りかけられているかのような。
その声を一度聞いてしまうと、ずーっと聞いていたくて、いつまでもオカリナを吹いていたくなります。

夕日

その優しい声が、山ではよりはっきりと感じられるような気がしてならないのです。

関連記事

  1. オカリナ演奏

    【丹沢】塔ノ岳

  2. 蓼科山をバックに

    【縦走登山】八ヶ岳・赤岳~横岳~硫黄岳

  3. 橋の下で

    【オカリナエピソード】橋の下で

  4. ドリカフェ

    【オカリナエピソード】オープンマイク・Dream’…

  5. ボッカ訓練

    【山のエピソード】重い荷物を担いで

  6. 堀山の家

    【オカリナエピソード】天国へ贈るオカリナの調べ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。